横浜のスキューバダイビングショップスプリングによく寄せられる質問です。
HOME > スキューバダイビングQ&A

スキューバダイビングQ&A

スキューバダイビングショップスプリングによく寄せられる質問をご紹介いたします。

Q. Cカードって何?

⇒ A. Cカードは、「講習を修了し、ダイビングに関する知識とスキルをマスターした」ことの証明と考えてくださればわかりやすいと思います。Cカードは教育団体と呼ばれる民間の団体が発行しており、公的な効力が発生するわけではありません。しかし提示しなければ潜れない海がほとんどですので、携帯が必要です。

便宜上「ライセンス」と呼んでいますが、licence=免許・許可という位置づけではなく、certification=認定証(頭文字をとりCカード)の意を持ちます。

Q. Cカードがなくても潜れるの?

⇒ A. 結論からいうと潜れます。Cカードは先述の通り認定証という位置づけにあるため、持っていない方が潜っても違法になるわけではありません。しかし、器材の使い方や緊急時の対処法などを知らないまま海に潜ることは、危険以外の何物でもありません。
きちんと学習し、Cカードを取得することではじめてダイビングが楽しめるのです。

Q. 講習のときの器材はどうすれば?

⇒ A. お客さまの体力や体型に合わせた器材をお使いいただくことが一番ですが、講習のさいはお貸しすることも可能です。
ダイビングの器材は、身体にフィットするほうが好ましいものや、逆に多少の余裕があるほうがいいものなどさまざま。講習時にレンタル器材を装着したお客さまの具合を見ながら、インストラクターがアドバイス差し上げます。

Q. 器材をそろえたいんだけど何を購入すればいいの?

⇒ A. トライスキューバや、ライセンス講習のさいに使用する数種が基本になります。以下に記載しましたのでご参考ください。
ご購入のさいはスタッフにご相談くだされば、あなたに合った器材をお選びいたします。

  • ウェットスーツ
  • マスク
  • シュノーケル
  • グローブ
  • ブーツ
  • メッシュバッグ
  • BC(救命胴衣)
  • オクトパス
  • ゲージ

Q. 学科講習って難しい?

⇒ A. 学科講習は、SSIの要綱にのっとったマニュアルを覚えてゆくもの。水中環境についてや身体にかかる影響、基本となる器材の仕組みなどが中心の内容ですので、難しいものではありません。
スプリングは、15歳から75歳までの幅広い年齢層に講習をおこなってきました。記憶力に自信がなくてもおまかせください!

Q. 泳げなくても大丈夫?

⇒ A. 現在懇意にしてくださっているショップメンバーのなかに、まったく泳げなかった方がいらっしゃいます。今ではスイスイ泳いでダイビングを楽しみ、泳ぐことが好きだとお話されていました。
泳げなくてもダイビングはできるのか。この疑問に対するインストラクターの意見はさまざまですが、スプリングでは「泳げないからといってダイビングをあきらめる」お客さまがいないよう、水泳とダイビングの学習がともにできるよう、お手伝いする形でお応えしております。

Q. 取得したあとはどう活動していけばいいの?

⇒ A. Cカードを取得した後はどこの海にも冒険しに行けます。しかし、器材運搬や旅費、外洋へのプロセスなど心配なことはたくさんありますよね。そんなときはスプリングのツアーはいかがでしょう? 
スプリングは国内の日帰りツアーやちょっと遠出のお泊りツアーを多数企画。また海外には実に多くのルートを持っており、Cカード取得からはじめてのダイビングツアーまですべてお手伝いいたします。

Q. ひとりでも入会できますか?

⇒ A. もちろんです! むしろおひとりのお客さまこそスプリングをおすすめします。事実、ひとりで来店くださる方も多く、最初はみなさん緊張されますが、一度海に入って感動を共有すればいつのまにかみんな仲良し! おひとりのお客さまでも心地よくダイビングできるよういろいろなイベントを織り交ぜたツアーを計画しております。
ダイビング+グルメ、ダイビング+エステ、そしてダイビング+新しい仲間! それがスプリングのおすすめするHAPPY DIVEです!